癖が少なくて飲みやすい麦焼酎

  スッキリとした中にも香ばしさが感じられる麦焼酎

焼酎はさまざまな原料を用いて作られています。
芋焼酎や米焼酎などはよく耳にしますし、芋や米は代表的な焼酎の原料と言えるでしょう。
もう一つ人気の原料があります。
麦です。

実は、この3つの原料の中で、焼酎の原料として最も使われているのが麦
他の原料と比較するとそこまで長い歴史は持っていないものの、いくつかのブランドはその地位を確立し、麦焼酎自体の認知度も普及度もどんどんと高まりました。

一番の特徴は、飲みやすいところですね。
原料である麦そのものにあまりクセがないこともあって、麦焼酎はとてもスッキリとした味わいを楽しむことができます。
飲んだ時に鼻に抜ける香ばしさも麦焼酎の特徴のひとつ。
これが病みつきになる人も多いでしょう。

本格焼酎と呼ばれるタイプのお酒はそのままで楽しまれることが多いのですが、麦焼酎は味わいがスッキリとしているので、ジュースやサワーなどで割っても、お互いを邪魔することがありません。

ただ、やっぱりロックがお勧め。
多様な飲み方ができますけど、本格焼酎ですから氷で冷やしていただくのが一番ですね。

麦焼酎は焼酎初心者におすすめのお酒ですよ。
芋焼酎のクセが苦手な人や女性なども気軽に楽しむことができるでしょう。

  お酒買取り業界での麦焼酎の需要は?

焼酎の中でも高いシェアを誇る麦焼酎。
これは多くの人に親しまれているという証でもあるのですが、お酒買取り業界の中で見た時にどうなのか、これがとても気になるところですよね。

普通、多くの人に人気のあるお酒は買取り業界でも人気となり買取価格は上がるもの。
ただ、麦焼酎は流通しているお酒の多くが価格が安いものばかりなので、買取りに出しても高値で買い取ってもらえる銘柄はごくごく少数でしょう。

お酒買取りは面白いもので、幅広く人気があるから高値で買い取られるというわけでもないんです。
それよりも、芋焼酎のように少数だけどコアなファンがいる方が、買取価格は上がったりするものなんですね。

もちろん、麦焼酎に全く値がつかないというわけではありません。
例えば、「佐藤」や「兼八」などは麦焼酎の中でもコアなファンが多くいるので、どのお酒買取り店でも買い取ってくれるはず。
1800mlサイズのもので数千円の値がつく可能性があります。

百年の孤独」も数千円の買取価格がつく銘柄のひとつ。
他にも、「決戦前夜」、「月の中」、「極み香」など、買い取ってもらえる可能性の高い銘柄はいくつも存在。
意外と限定品だったり生産が終了していたりする可能性もありますから、家に余っているのであればひとまず査定してもらう、この行動が大切ですね。